社会

「主戦場」への反発は否定論者"に対しての"説明や説得は無意味であることを示している

今更ながら慰安婦問題否定論者の主張とそれに対する反論を扱った映画「主戦場」に対する訴えについて。 慰安婦論争の映画「上映中止を」 出演者の藤岡信勝氏ら:朝日新聞デジタル 一般上映可能性ありの契約、監督は商業上映試写会の招待も実施、その上で出演…

マイナス金利による銀行の経営難についてこれが妙案と本当に思うのかお尋ねしたい

日銀のマイナス金利付き量的・質的金融緩和は銀行の収益を悪化させています。 地銀の収益が悪化している背景は複合的だ。人口減少や企業活動の低迷に伴う資金需要の低下が底流にある。潜在力のある地元企業の発掘や事業の多角化などを果敢に進めてこなかった…

コンビニの成人向け雑誌の自主規制基準は条例に準拠している

コンビニで現在販売されている「成人向け」図書というのは、各団体(コンビニの場合、日本フランチャイズチェーン協会)が条例に準拠して独自に決めた、18歳未満には推奨できない、いわゆる「類似図書」とされるもの https://kai-you.net/article/61440 コン…

まだまだ野蛮な社会

この社会は黒人の外見の人種的特徴を誇張して描くことは人種差別と認識される程度には進歩した。 だが、女性の性的特徴を誇張して描くことは性差別と認識されない程度には野蛮な社会。 男性の性的特徴を誇張して描いたものを「頭がおかしい」「気持ち悪い」…

ピースおおさか改装オープンの件

改装後は旧日本軍の加害行為についての写真や資料のほか、慰安婦に関する展示を取りやめ、大阪空襲の被害に関する展示を中心に再構成。日清戦争から終戦までの約50年の経緯を約14分間の映像にまとめた。 「南京大虐殺」写真廃棄、慰安婦展示も撤去 偏向…

慰安婦問題で新談話を出すなら河野談話後に発見された資料の反映は当然ですよね?

結果として、今、私たちが目にする「官憲が」「人さらいのごとく」連行したことを示す公文書は、戦後の東京裁判やBC級裁判でこれらの犯罪が問われた記録や「慰安婦」裁判の判決である。植民地にされていた朝鮮半島での犯罪は、戦犯裁判の対象にはならなかっ…

第一次安倍内閣の2007年の閣議決定の欺瞞と嘘

第一次安倍内閣は2007年3月8日に提出された「安倍首相の「慰安婦」問題への認識に関する質問主意書」に対して2007年3月16日に答弁書を閣議決定しています。 この閣議決定は日本のある種の人々の間で強制連行を否定したものとして知られています。 その実際の…

朝日新聞の吉田証言報道取り消しで国際世論は変りうるか?

このタイトルの問いに答えるなら、おそらく変わりえないと答えるしかありません。 なぜなら諸外国、少なくともTHE FACTSに対して非難決議を出したような国々*1は狭義の強制連行を問題にしているのではなく、日本軍性奴隷制における苦難を人権問題として見て…

現代の歴史学の記述に東京裁判史観だの自虐史観だのと不満がある人は学問的事実をもって覆すべき

現代の歴史学の記述に不満があるならまず学問研究してみてくださいという話。 現代の歴史学の記述を東京裁判史観だの自虐史観だのと否定する人々の不満を汲めば、現代の歴史学の記述は戦勝国の政治としての歴史であり、学問的事実に基づいた真実の歴史ではな…

靖国参拝における小泉首相(当時)と安倍首相の差

安倍首相の靖国参拝は小泉首相(当時)のときと違って米国からもあれこれ言われていることについてですが、この二人には明確な差があります。 小泉首相(当時)は非歴史修正主義者として振る舞い*1ブッシュ大統領(当時)との関係も緊密だったのに対し、安倍…

糾弾しているのは誰か。宥めるべきなのは誰か。

排外主義・歴史修正主義と反震災がれき受け入れ・反「食べて応援」には大きな差異があります。これらを運動において同じとみなすのはあまりにも見方が皮相すぎると思います。 単純に表現すれば排外主義・歴史修正主義は加害者の逆ギレであり、反震災がれき受…

徴兵制を若者をしつける手段と考えている人は軍事的合理性なんて考えない

数十年前からいるような「西ドイツなり韓国なり徴兵制のある国を旅行してきた。彼の国の若者は礼儀正しく立ち居振る舞いも良かった。ひるがえって我が国の若者はなんだ」なんてことを言うような人が徴兵制に望んでいるのは若者を軍隊式教練でしつけることで…

読まない理由を探すより読みまくればいいのに

「どんな本を読めばいいの?」の次に来る発言は「その本に色がついてないという保証はあるの?」 歴史認識問題における自称懐疑派な人によく見られる傾向だと思うのですが、史実への疑いに対し「なら、こういう本を読むといいですよ」という返答に対し、あれ…

保守でも自省的な発言を行う人がサヨク扱いされる現象を何と呼べばいいのだろう

例えば「自虐史観ではなく自省史観」な保阪正康氏は保守言論人であるわけですが「自由主義史観」的世界観において氏はサヨク扱いされがちなように見えます。*1チャンネル桜界隈とか特に。 こういう保守言論人でも自省的な発言*2を行う人がサヨク扱いされる現…

「最も嫌われている国」ランキングで日本が一位になったのは日本の嫌韓ネットユーザーの工作が原因

Most Hated Countries - Top Ten List - TheTopTens®で日本が一位になった経緯について。 日本の嫌韓ネットユーザーが9月6日午前以前から2chのニュース速報+を中心に各板で投票を呼びかける。*1 ↓ 9月7日、6位だった韓国が1位になる。 ↓ 韓国のネットユーザ…

被爆労働も多重下請けも労働問題の一つ

被曝労働を理解している人ほど高線量の場所では働かない - 模型とかキャラ弁とか歴史とかの続き。 直接そう言われれば、そりゃ「他の業種もそうだ」という。でも現実に問題の立証が「電力産業」と結びつく形でしか提示されなければ、結局は「電力産業に対す…

被曝労働を理解している人ほど高線量の場所では働かない

被曝労働における線量の上限は年間最大では50mSvでも5年間では100mSv。 被曝労働で長期的に計画的に働こうとする人の手持ちの線量は100/5で年間20mSv。 ゆえに被曝労働を理解している人ほど多少日当が高かろうと高線量の場所での作業は避けることになります…

この国には徴被曝労働制が必要だ

この国には徴被曝労働制が必要だ。 この国には多数の原子力発電所がある。 原子力発電所を稼働させるにしろ廃炉するにしろ被曝労働が必要となる。 被曝労働は許容線量と作業場所の線量により一人の人間の作業可能時間は限られる。 労働者の被曝は許容線量よ…

「アドバイザー」はビリーバーがどういう人々なのかを知らない

ビリーバーは自分が「真実」を知っているという優越感に酔っています。 ビリーバーが自らが「真実」と思っていたものの誤りを認めるにはその優越感の根拠を失うという不快感情に打ち勝たねばなりません。 ビリーバーの言動はしばしば「正義」の名のもとに人…

ならば問う。彼らに届く言葉とは何なのか?

歴史修正主義者とか差別主義者とかを批判していると「そんな言葉は彼らには届かない」というようなことをよく言われます。 ごもっともと思いますので、そう発言される方はどのような言葉であれば彼らに届くのか是非ご教示ください。「彼らに届く言葉」の使用…

労働力が不足するから労働力を輸入するのではない。労働力の再生産にコストを払う気が無いから労働力を輸入するのだ

諸君、余だ。 今日も今日とてヘイトスピーチや史実否定といった「愛国活動」に勤しんでいる諸君。 余は諸君に感謝している。 諸君が容易く分断されることに感謝している。 諸君の境遇に対する不満が滅多なことでは企業に向かうことがないことに感謝している…

ぶち切れカリクレス

ソクラテス だからまた、もろもろの欲望を満足させるということも、たとえば、飢えているときには食べたいだけ食べるとか、渇いているときには飲みたいだけ飲むとかいうことも、もしその人の身体が健康であれば、医者は大抵の場合、その人のしたいようにさせ…

模型における表現規制

世間一般にはあまり認識されてはいないとは思いますが、模型も表現規制の影響を受けうる分野です。 そして、実際のところ、とっくの昔に表現規制の影響を受けていたりします。 その実例を紹介します。

北朝鮮の核実験は戦略的・政略的には当然の選択であり、外交の結果

北朝鮮の核実験は道義的には許しがたいことだ。道義はまた踏みにじられた。今回は北朝鮮の「現実主義者」によって。 http://www.asahi.com/international/update/0525/TKY200905250143.html しかし、この道義に反する行為は北朝鮮の戦略的・政略的には当然の…

ハシモト知事はファシストではない

諸君、余だ。 なんでも世の中にはハシモト知事のことをファシストと呼ぶ者がいるそうではないか。中にはハシモトとファシズムを引っ掛けてハシズムなる言葉を使う者もいると聞く。 バカげたことだ。実にバカバカしい。 余に言わせれば、ハシモト知事は、断じ…

貧困者自立支援と悪徳業者と行政と

ケースA 「もやい」 《もやい》の活動は、住所不定状態にある人たちに対するアパート入居時の連帯保証人提供と、生活困窮者に対する生活相談を二本柱としている。連帯保証人提供は、六年半で一三〇〇世帯を超えた。毎年二〇〇世帯のペースで増えている。対象…

「劣等者」を「悪い種」として排除を正当化する〈人種〉の原理

〈人種〉の原理 この生‐権力の社会は、人間の生の尊重を謳う社会であるが、この社会の権力は自己矛盾を抱えているようにみえる。広島の原爆が象徴的に示したことは、人間の生を重視することを原理とするはずの社会が、一挙に数十万の無辜の民を殺す社会でも…

おこぼれ理論のどうしようもない胡散臭さ

おこぼれ理論 ほんとうに経済成長で「底」は上がるのか?〈貧困〉は解消できるのか?大企業が成長して好成績をあげれば、コップの水が溢れてしたたり落ち、地面(底)も潤う。この理論は昔からあって、英語では「トリックルダウン・セオリー」という。わかり…

何が批判されていたのか

歴史の教訓とすべき人類史の悲劇が大袈裟な罵倒と解釈されてしまう件 - 模型とかキャラ弁とか歴史とかの続き。 では、ここではてなで始まった福祉と経営とトリアージとホロコーストを巡る論争で福耳先生(id:fuku33)は何を批判されていたのかを復習してみまし…

歴史の教訓とすべき人類史の悲劇が大袈裟な罵倒と解釈されてしまう件

ナチスの思想である民族社会主義がどういう思想であったかを非常に大雑把に述べると、それは「ドイツ民族、それも優秀なドイツ民族の繁栄」を世界のための崇高な目的とし人道性より優先する思想でした。 そして、その思想に基づいての合理的判断による人権侵…